綿羊館

ちりん、
ちりん、
――やぁいらっしゃい。
館へ行くのかい?
だったらこの道を真っ直ぐだ。
迷うことはないよ。
嗚呼そうだね、あそこも物書きの学士さんが 12月8日 に入っていったみたいだから。
じゃあ、いってらっしゃい――、


  *  *  *


彼等、呼うるは、

死人(いる筈のない人間)、
人形(ただ成すがままに)、
善悪(まだ良心を捨てきれていないの?)、
好奇(面白い、それだけ)、
享楽(嗚呼それはあまりにもはかなげで)、


一瞬の、


刹那的。


さあ権力者よ、立ち上がれ
永き不在は終りを告げた
世界は今だ、混乱を治めきれてはいないようだ

人よ、
哀れみの慟哭を聞け

敷地内案内
書庫
面談室
ある小説書きの生態

紹介状

素人小説同盟ランク


ブックマーク|教える

訪問者2188人目

最終更新日 2010/06/07




©フォレストページ